買取実績

小紋着物 買取り

着物 買取り 小紋

買取り品、小紋着物です。

大胆で大きな花模様。一見派手に感じますが、色が暗めの紫の為、着てみると、最初に感じた印象よりも地味。

帯を落ち着いた雰囲気にすれば、年齢的に派手な物は…という方でも大丈夫そうです。

 

 

着物買取専門店 株式会社紺文では、ご不用の着物、帯、和装用の着付け小物など、
和装、和服、着物に関するお品を査定、買取させていただいております。

大正元年創業の染めと呉服の専門店。
着物、和装に関する専門知識を持ったスタッフが、多数在籍しています。

店舗へのお持込による買取(木曜定休)

三重県四日市市鵜の森1-7-13(16台駐車場完備)

電話 059-352-4253  又はフリーダイヤル 0120-976-791まで

宅配買取、出張買取のお申込み(月曜~土曜)

電話 059-352-4253  又はフリーダイヤル 0120-976-791まで
お気軽にお問合せくださいませ。

 

 

着物や帯には、季節があります。

画像の小紋はおそらく椿。椿といえば、冬の花です。

よく言われるのは、先取りはOK遅れるのはNG

椿が咲くより少し前に着るのは先取りで大丈夫だけど、椿が咲き終わってから着るのは遅いのでダメということです。

少しの間しか咲かない花は、着る時期がかなり限定的になります。

花の時期だけを考えればいいのなら、単純ですが…着物には袷、単衣、薄物の3種類の季節があります。袷着物で冬の柄は、単純に冬に着れば良いのですが…

 

例えば、単衣を例にすると…単衣は6月と9月の両方に着られる着物です。

ですが、もし単衣の着物の柄が萩やススキ、紅葉だったらどうでしょうか?

6月に紅葉の柄の着物を着ますか?

着ませんよね?

そうなると、単衣だから6月も着られる着物であっても、柄が秋の柄だから9月のみの着物になってしまうのです。

もちろん毎月毎月違う着物なんて、とても買えないという方がほとんどだと思いますので、いつでも着られるように考えられた着物があります。

特に留袖や訪問着などの高価な着物は、種類をたくさん持つなんて、とても無理!留袖や訪問着の柄に多いのは、四季の植物をいろいろ入れている柄。

全ての季節の草花が入っていれば、いつでも着られます。

逆に、一か月間しか着られない着物なんて…とても贅沢ですね!

お問い合わせ | 着物買取専門店