買取実績

名古屋帯 買取り

着物 買取り 名古屋帯

買取り品、名古屋帯です。

部分絞り。お太鼓柄です。地色が派手めなので、地味な着物に合わせると良いかもしれません。若い方なら、着物も派手でもいいかもしれませんね。

 

 

着物買取専門店 株式会社紺文では、ご不用の着物、帯、和装用の着付け小物など、
和装、和服、着物に関するお品を査定、買取させていただいております。

大正元年創業の染めと呉服の専門店。
着物、和装に関する専門知識を持ったスタッフが、多数在籍しています。

店舗へのお持込による買取(木曜定休)

三重県四日市市鵜の森1-7-13(16台駐車場完備)

電話 059-352-4253  又はフリーダイヤル 0120-976-791まで

宅配買取、出張買取のお申込み(月曜~土曜)

電話 059-352-4253  又はフリーダイヤル 0120-976-791まで
お気軽にお問合せくださいませ。

 

 

 

絞りというと、浴衣を思い出す方が多いかもしれません。

総絞りのゆかたは、憧れの一枚ですね。昔は紺一色のイメージが強いかもしれませんが、

今の絞り浴衣は紺以外にも、水色、グリーン、ピンク、紫、黒、赤…などなどたくさんのカラーバリエーションがあります!

中には浴衣なのに訪問着などの絵羽柄のような雰囲気の物まで…。浴衣でも絵羽柄風にすることによって、高級感が出ますね。

絞りの浴衣や着物、帯はお値段が高いことが多いのですが、理由は簡単です。

絞りの一つ一つを手作業で糸で縛り、染料が染み込まないようにして、染めます。その縛り方によっていろんな模様が生み出されます。

一つ一つ作っているわけですから、一反を染めるまでが大変なのです。絞りの部分が多ければ多いほど、手間も費用もかかる…というわけです。

総絞りの振袖を着ているお嬢様を見ると、

いくらなんだろう…!とちょっと怖くなるくらいです。

振袖は袖の部分が長いので、総絞りの着物よりも更に手間がかかり、費用もかかります。

一生に一度の物ですから、それだけかかってでも娘に良い着物を…と思う親御さんの気持ちの表れかもしれません。

お問い合わせ | 着物買取専門店