買取実績

大島紬 買取り

着物 買取り 大島紬

買取り品、大島紬です。

細かい絣柄、使われている色も落ち着いた色合い、八掛も派手さがなく、幅広い年齢層で着られる大島紬です。

しつけ付き、未使用品です。

 

 

着物買取専門店 株式会社紺文では、ご不用の着物、帯、和装用の着付け小物など、
和装、和服、着物に関するお品を査定、買取させていただいております。

大正元年創業の染めと呉服の専門店。
着物、和装に関する専門知識を持ったスタッフが、多数在籍しています。

店舗へのお持込による買取(木曜定休)

三重県四日市市鵜の森1-7-13(16台駐車場完備)

電話 059-352-4253  又はフリーダイヤル 0120-976-791まで

宅配買取、出張買取のお申込み(月曜~土曜)

電話 059-352-4253  又はフリーダイヤル 0120-976-791まで
お気軽にお問合せくださいませ。

 

 

大島紬は、細かい絣柄ほど高級品といわれます。

細かい絣は、品質の良さの証。細かい柄は作る手間が大変なのです!

あまりに細かい絣ですと、これが織で作った柄なの?と思うほど、なめらかな図柄。染めたのかと思うほどの繊細な絣柄は、大島紬ファンの憧れです。

新品ですと、何十万の世界。リサイクルなら、その10分の1もしくはそれ以下で、買えることも多く、リサイクルの大島紬は人気の商品です。

大島紬なら何でも高いのか?といえば、残念ながらそうではありません。

画像のような大島紬は、絣も細かく、色柄も落ち着いていますので、高級感もあり人気のあるものですが…

数十年前に流行った八掛が赤やピンク、オレンジで、色柄も赤やオレンジなどの派手な色をたくさん使った大島紬は、あまり需要が高くありません。

ほとんどの方が、お嫁入りで一枚はお持ちの色柄だからです。

買うなら自分が持っているものとは、違う雰囲気を…と思うのは、当然です。

そして、今の大島紬の傾向は、全体的に落ち着いたシックなイメージ。派手な色はほとんど使わず、八掛なども茶色やグレー、黒、紺…など地味な色を使うのが主流です。

十年、二十年先も着られる物を…と考える方が多いためか、若い方でもあまり派手な色柄は好まれません。

お問い合わせ | 着物買取専門店