買取実績

螺鈿 袋帯 買取り

着物 買取り 袋帯

買取り品、螺鈿の袋帯です。

螺鈿の部分の輝きがとても綺麗な袋帯です。

螺鈿は帯だけでなく、訪問着などの着物、草履などにも使われたりしています。

この独特の色合いと輝きが、豪華さと華やかさを演出してくれますね。

 

 

着物買取専門店 株式会社紺文では、ご不用の着物、帯、和装用の着付け小物など、
和装、和服、着物に関するお品を査定、買取させていただいております。

大正元年創業の染めと呉服の専門店。
着物、和装に関する専門知識を持ったスタッフが、多数在籍しています。

着物のご相談なら、紺文にお任せください!

 

店舗へのお持込による買取(木曜定休)

三重県四日市市鵜の森1-7-13(16台駐車場完備)

電話 059-352-4253  又はフリーダイヤル 0120-976-791まで

宅配買取、出張買取のお申込み(月曜~土曜)

電話 059-352-4253  又はフリーダイヤル 0120-976-791まで
お気軽にお問合せくださいませ。

 

 

袋帯、名古屋帯でよく聞く、「全通」、「六通」、「お太鼓柄」…

全通は字の通り、帯全てに柄があります(表地のみ)。どこを見ても柄がありますので、帯結びの際に、柄がうまく出ない…!という悩みはありません。

帯の長さによっては、自分の体型とうまく合わないという場合もあります。短くて合わないという場合もありますが、長すぎて合わないという場合もあります。

慣れた方なら、うまく帯の長さを結び方の工夫で調節して、思い通りの柄を出すことができるようです。

慣れない方には、柄の位置を気にせず結べる全通が好まれますが、全通柄の帯は手間がかかるので、お値段的には高い場合が多いようです。

 

六通柄は全通とは違い、柄の無い部分が存在します。胴に巻く時に内側になり巻き終わると見えなくなる部分。柄はなくても見えないので大丈夫ということで、その部分には柄がつけてありません。

柄の無い部分があるので、全通よりも作る手間はかかりません。なので、全通よりもリーズナブルになる傾向があります。

全通の方が高級品となるわけですが…締めてしまえば、見た目には全通なのか、六通なのかはわかりません。

柄の無い部分がありますので、全通よりは帯の結び方を考える必要があります。

 

最後にお太鼓柄ですが…帯のポイントになる部分…背中のお太鼓部分(背中に背負っている部分です)、前柄の部分(胴巻き部分の体の前になる部分)にだけ柄がある帯をお太鼓柄といいます。

六通よりも更に柄の量が減ります。

柄の位置がピンポイントですので、自分の体型とあまりに合わない長さだと、結ぶのに苦労する帯といえます。

お太鼓柄にも良い点があります。柄がすっきりしているので、着物の柄が全体的に多い場合でも、ごちゃごちゃしません。着物が無地でも柄が多くても合わせやすい帯といえます。

お問い合わせ | 着物買取専門店