買取実績

丸帯 買取り

着物 買取り 丸帯

買取り品、アンティークの丸帯です。

今では珍しい丸帯です。鶴と扇の柄が華やかで豪華。昔の丸帯は長さが短いのと、芯が堅いので、締め辛いのが難点です。

 

 

着物買取専門店 株式会社紺文では、ご不用の着物、帯、和装用の着付け小物など、
和装、和服、着物に関するお品を査定、買取させていただいております。

大正元年創業の染めと呉服の専門店。
着物、和装に関する専門知識を持ったスタッフが、多数在籍しています。

着付け練習用などのリーズナブルな着物から、松井青々、和田光正、羽田登喜男、藤林徳扇、藤井寛、押田正義、川村久太郎、斉藤三才…など、有名作家物のお値打ちリサイクル品まで、幅広く取り扱っております。

店舗へのお持込による買取(木曜定休)

三重県四日市市鵜の森1-7-13(16台駐車場完備)

電話 059-352-4253  又はフリーダイヤル 0120-976-791まで

宅配買取、出張買取のお申込み(月曜~土曜)

電話 059-352-4253  又はフリーダイヤル 0120-976-791まで
お気軽にお問合せくださいませ。

 

 

丸帯、最近ではなかなか見かけなくなりました。使う場面は袋帯とほとんど同じです。礼装用ですが、袋帯よりも更に格が高いと思ってください。

袋帯は(時々かがりの単衣物もありますが)表地と裏地を縫い合わせ、帯芯を中に入れて仕立てています。

袋帯は表地と裏地は別布。

丸帯は違います。

丸帯にはどちらが表、裏はありません。どちらも表地なのです!

帯の幅の2倍以上ある幅の広い帯地を半分に折って作ります。袋帯には両サイドに縫い目がありますが、丸帯には片側にしかありません。

一枚の布で作るのが丸帯、2枚を縫い合わせるのが袋帯です。

丸帯は、両面に豪華な刺繍や金彩のほどこされた帯ですから、手間も費用もかかり金額的にも高いですが、格も高い帯となっています。

昔の丸帯は長さも短く、芯が固くて結びにくいため、実用向きではありません。

このままインテリアとして飾る、ほどいてタペストリーや小物に作り替えるという方、最近では、海外へのお土産にするという方もいるようです。

洋服を着用しないで飾るだけというのは、不思議な気がしますが、着物や帯だと飾るだけでも様になるのが凄いですね。

お客様の中には、インテリアとして飾るだけで、落ち着く…と、着物や帯を買っていかれる方、着物の生地(絹・シルク)を触っているだけで癒されるという方もいらっしゃいます。

お問い合わせ | 着物買取専門店